【DWE活用法】トークアロング/インデックスシールの作り方

【DWE活用法】トークアロング/インデックスシールの作り方

DWE初心者の私が、DWEを始める数日前からチェックしているのがインスタの、「#dwe活用法」や「#dwe教材活用法」と言ったタグ。先輩ユーザーのみなさま、素晴らしい活用法を載せていただき、ありがとうございます!

目からうろこの、活用法がわんさか載っています。

そこで、ひと際目をひいたのが、トークアロングの活用法。ただただ、カードを機械に通して発音の練習をするもの、と思っていたのですが、それだけではなく、子どもが興味をもつように様々な工夫がされています。

その中でも、インデックスシールを真似してみたい!と思い、早速作り始めてみたのですが、想像以上に大変だったので、私が感じた作り方のコツなどをまとめておきます。

画像
目次

用意するもの

  • インデックスシール
  • 保護フィルム
  • パソコン

インデックスシール・保護フィルム

インデックスシールは、数字のみ作成する場合は510片、テーマのみ作成する場合は475片、数字とテーマの両方を作成する場合は985片のインデックスシールが必要です。

▼横にスクロールしてください。

数字のみ
(510片)
テーマのみ
(475片)
両方
(985片)
はかどりタックインデックス
(A4/1120片入)
1セット1セット1セット
タックインデックス・パソプリ
(ハガキサイズ/120片入)
5パック4パック9パック
保護フィルム
(ハガキサイズ/120片入)
5パック4パック9パック

ハガキサイズのタックインデックスは1パック300~400円くらいするので、A4のはかどりタックインデックスがおすすめです。また、インデックスシールだけでは強度が弱く、すぐにダメになってしまいそうなので、保護フィルムも一緒に購入されることをおすすめします。

インデックスの大きさは中で、無地のものを選ぶと良いと思います。型番はそれぞれ、

  • はかどりタックインデックス(A4):KPC-T692W
  • タックインデックス(ハガキサイズ):タ-PC21W
  • 保護フィルム:KPC-GF6055

パソコン

画像

パソコンは、windows/Macに対応となっていますが、Macでは印刷の際にズレが生じました。位置の調整をしても、一部が切れてしまいうまく印刷できませんでした。

電話でコクヨに問い合わせたところ、Macでも印刷することは可能ですが、少し設定に時間がかかってしまうとのことでした。

その後Windowsで印刷をしましたが、特に設定する必要もなく印刷ができました。ただ、Windowsの方の合わせ名人はソフトが重く、何度もフリーズをして時間がかかりました。シール作成のコツは後ほど。

合わせ名人4のインストール

画像

はじめに、コクヨのサイトから「合わせ名人4」をダウンロードし、インストールを行います。コクヨのダウンロードサイトはこちら

インストールが完了したら、シールの作成に入ります。

数字のインデックスシールを作る(1~510)

①「新規作成」を選択する
画像
②「インデックスかんたん作成※パソプリ機能はこちら」を選択する
画像
③「新規作成」を選択する
画像
④購入したインデックスシールに合わせて選択をする
画像

ここでは、A4サイズですすめます。

⑤右下「中23mm×32mm」を選択し、次へボタンをクリックする
画像
⑥ラベル枠のパターンとカラーを選びます
画像

ここでは、DWEの4段階のうちの1つ目ブルーを選択して進めます。

⑦配置形式を選ぶ
画像

好きな形式を選んでください。ここでは、横書きで両面同じ文字、両面で反転させるを選んで進めます。

⑧フォントや文字の色を選ぶ

お好みで、好きなフォントや文字の色を選んでください。

画像
⑨ラベルに文字を入力する

いよいよ、ラベルに文字を入れていきます。ラベル左側の部分に文字を入力すると、右側には自動的に同じ文字が反映されます。

画像
⑩作成したラベルの確認

番号が抜けていたり、同じ番号がないか確認をします。問題なければ、完了をクリックして、印刷へ進みます。

画像
⑪印刷をする

印刷をする前に、テスト用紙での印刷チェックを1度は行っておきましょう!

画像

\完成/

これで、ブルーの1~56が完成しました。続いてブルーの57~112を作成するのですが、印刷画面の左上「デザイン」という部分から、続きを作成することも可能です。

が!!ここで追加をしていくとソフトが重くなり、パソコンがフリーズして動かなくなってしまうことがあります。私は作成中4度もフリーズしました…。面倒ですが、同じように①の手順から作成するのをおすすめします。

トークアロングカード番号対応表
  • ブルー①1~34②35~93③94~182
  • グリーン④183~256⑤257~300⑥301~330
  • ライム⑦331~376⑧377~385⑨386~406
  • イエロー⑩ 407~439⑪440~485⑫486~505
  • ※506~510は、卒業テスト用

数字インデックスシール作成のコツ

数字は全部で510あり、A4サイズのインデックスシールのシートが10枚必要です。

  1. 枚目:ブルー1~56
  2. 枚目:ブルー57~112
  3. 枚目:ブルー113~168
  4. 枚目:ブルー169~182/グリーン183~224
  5. 枚目:グリーン225~280
  6. 枚目:グリーン281~330/ライム331~336
  7. 枚目:ライム337~392
  8. 枚目:ライム393~406/イエロー407~448
  9. 枚目:イエロー449~504
  10. 枚目:イエロー505~510/テーマシール50枚

1枚目、2枚目、3枚目はすべてブルーのシールなので上の手順と同じように作成をすれば良いのですが、4枚目はブルーとグリーンのシールが途中で入れ替わります。このときに注意が必要です。

4枚目を作成する際には、上の手順⑥のときに、ブルーではなく、グリーンを選びます。そうすると、4枚目が全てグリーンになりますので、169~182はそれぞれ個別に枠色の設定(ブルー)をする必要があります。同様に、6枚目・8枚目・10枚目では、注意が必要です。

個別に枠の色を変える
画像

テーマのインデックスシールを作る(全24種類・475枚)

テーマのインデックスシールの作り方はまた後日、ご紹介させていただきます。数字と同じように作成すればOKです。

目次